ログイン

CBCT(コーンビームコンピューター断層撮影):技術的側面

著者:Lund Henrik/Övertandläkare/Universitetslektor/Institutionen för Odontologi/Göteborg
公開日: 20161018
更新日: 20180314

バックグラウンド

コンピュータ断層撮影技術であるコーンビーム計算機トモグラフィー(CBCT)は 、2000年代初頭に北欧諸国で導入され、それ以来専門歯科における診断ツールとして、そして特に歯科放射線学の分野だけでなく、公共の歯科治療における俳優。

SSM(スウェーデン放射線防護局)によると、2013年の終わりに、63のクリニックがCBCT機器のユーザー/ライセンスホルダーとして登録されました。近年、パノラマ装置にCBCT機能が追加された多機能X線装置の範囲が拡大しました。これは、技術の普及の拡大を部分的に説明している可能性があります。現在、17のメーカーから約40の異なるマシンがあります。

この技術は1990年代初頭に開発され、従来のコンピュータ断層撮影と同じ基本原理に基づいていますが、データ処理が円錐形のビームに適合されています。しかし、1990年代後半になって初めて、私たちが今日目にするマシンに向けて一歩を踏み出しました。その多くは、当時のコンピュータサイエンスの進歩により、イメージングによって生成された大量のデータを処理できるより強力なコンピュータとソフトウェアを備えていました。

技術

イメージングの原理は、X線管から発せられる円錐またはピラミッド型のビームフィールドに基づいており、中心が中心線または診断対象の領域にある患者の周りの円形または半円形の経路で回転し、X線管の反対側の検出器がそれを検出します患者を通過したX線( 図1 )。

図1.投影ジオメトリCBCTテクニック

回転に関連して、多数の投影が作成され、これらからデジタルボリュームが生成され、そこから画像が3つの相互に垂直な平面で再構成されます。軸、冠状(前頭)および矢状( 図2 )。

図2.アキシャル、フロント、サジタルの画像が再構成されたCBCTボリュームデータ

投影ジオメトリとボリュームの画像化の原理…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。