ログイン

CBCT(コーンビームコンピューター断層撮影):適応症と放射線量

著者:Lund Henrik/Övertandläkare/Universitetslektor/Institutionen för Odontologi/Göteborg
公開日: 20161018
更新日: 20180314

バックグラウンド

1990年代後半にテクノロジーが登場し、2000年代初頭に北欧諸国にテクノロジーが導入されて以来、専門の医療/歯科医療および一般的な歯科医療関係者の両方で診断ツールとしてますます普及しています。調査によると、新しく登録された機器の数が増加しています。これは、パノラマ機器にCBCT(コーンビームコンピューター断層撮影)が追加された多機能機器の範囲が拡大したためと考えられます。

可用性を高めるには、CBCT検査の正当化と最適化についての知識を増やす必要があります。これは特に、患者により高い放射線量を生成するためです。

検査は若年者に対しても行われますが、その場合、感受性が高くなり、故に後期傷害のリスクが高まるため、特別な配慮が必要です。

適応症

電離放射線を含むすべての検査は患者にリスクをもたらすため、放射線検査の基礎は、問題となっている場合、それらが診断上重要な情報に貢献できると見なされるべきであり、および/またはその治療または結果、いわゆる正当化の原則に影響を与えることが期待されるということです。

今日、医学(耳、鼻、喉)と歯科の両方で多くの使用分野があり、CBCT技術によるX線検査が適応となる可能性があります。つまり、X線検査の適応があります。

CBCT技術は、通常のX線検査よりも診断的に重要な情報を提供することが多いため、口腔内画像やパノラマなどの通常の歯科用画像技術で質問に答えられない場合や、治療を決定する前に追加情報が必要な場合に表示されます。患者の放射線量を高めます。

歯科における一般的な適応領域の例: