ログイン

著者:Carlsson Gunnar E./Professor emeritus/Institutionen för Odontologi/Göteborg
公開日: 20110504
更新日: 20190831

バックグラウンド

ほんの数世代前までは、歯のないことが一般的であり、年齢が上がるにつれて歯を失うことはほぼ正常であると考えられていました。しかし、ここ数十年の間に、スウェーデンでは完全な無歯症の発生率が劇的に減少しています。 60歳の女性の全無歯症の有病率は、1975年に47%、1996年に3%、2015年に1%未満でした。最近発表された研究によると、調査した15のヨーロッパ諸国間で歯の健康に大きな違いがあります。 65〜74歳の年齢層では、無歯症の有病率は平均14%で、28%から3%の変動がありました。スウェーデンでは、50歳を超える個人の有病率が最も低く(3%)、残存する天然歯の数が最も多い。

原因

完全な無歯症は、虫歯や歯周病により抜歯された結果であると一般に考えられています。
しかし、歯の喪失は、口腔疾患と他の多くの患者やケアに関連する要因との間の複雑な相互作用の結果であることは明らかです。

これは、国内および国内の患者グループ間で存在する無歯症の有病率の大きな違いと、時間の経過に伴う急激な変化を説明している可能性があります。

表示

すべての歯を抜いた後、常に顎に変化が生じます。
歯槽突起のサイズはすべての個人で減少しますが、変化の程度は大きく異なります。
何人かの患者は、長年に渡ってわずかな変更で良好な形状の顎を維持することができますが、他の人は、歯の喪失が顎の大幅な減少を示し、不十分な補綴物ベースを形成し、完全に平らな補綴物(完全義歯)の使用で大きな困難につながる可能性があります。
歯のない患者では、顎の形状変化はこれらの両極端に分類できます。

抽出時にこれらの個々の変化の大きさを予測する既知の方法はありません。

臨床所見

歯のない顎は、粘膜とその下にある骨の両方に関して、…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。