ログイン

プロテーゼ全体のリハビリテーション

著者:Ekenbäck Jan/Övertandläkare/Avd för Oral Protetik/Huddinge
公開日: 20150118
更新日: 20200703

バックグラウンド

英語の文学では、リラインとリベースが区別されます。リラインとは、補綴物の粘膜表面のみが交換されることを意味します。リベースとは、すべての母材が交換され、歯のみが交換されないことを意味します。
スウェーデン語では、通常、粘膜表面が置き換えられるという意味で、同義のベース化またはリベース化が使用されます。

補綴物は粘膜の下にあり、粘膜は下にある骨(結晶)の上にあります。下にある骨が徐々に吸収されると、それは非常に個別に起こり、フィット感の欠如につながります。次に、プロテーゼに好ましくない負荷がかかり、プロテーゼの骨折を引き起こす可能性があります。次に、上顎プロテーゼまたは下顎プロテーゼが正中線で骨折するのが一般的です。
さらに、フィット感が悪いと、補綴口内炎、擦過傷、過形成を引き起こす可能性があります。

口内炎は、リベースが行われる前、または新しいプロテーゼの印象を取る前に治療する必要があります。口内炎が過度の伸展(もちろん擦過される)やその他の機械的な擦過によって引き起こされる場合は、プロテーゼを柔らかくして患者が数週間装着できるようにすることが適切な場合があります。口内炎が最も一般的な原因である真菌感染症によって引き起こされている場合、補綴物に局所的にも全身的にも適用されるのは軟部組織と抗真菌剤です。その前に、患者が自分の健康状態を調べたかどうかを確認する必要があります。詳しくは、ファクトシートの口腔真菌感染症をご覧ください

総入れ歯に関する他のファクトシートについては、以下をお読みください。

デュプリカットプロテス

筋力学的全下顎プロテーゼ

義足の顎登録

補綴および口腔衛生

口腔真菌感染症

新しい補綴物をリベースまたは作成しますか?

質問が発生する最も一般的な理由は、患者がプロテーゼが座っている/うまく機能していないと思っていることです。体調…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。