ログイン

深い咬傷の補綴治療

著者:Torbjörner Annika/Övertandläkare/Avd för Oral protetik/Karlstad
公開日: 20170102
更新日: 20180820

バックグラウンド

補綴の経験がある人なら誰でも、端から端までの咬合よりも深い咬合の方が補綴の合併症のリスクが高いことを知っています。それにもかかわらず、これを臨床試験で検証することは不可能であり、したがって、深い咬傷での補綴治療の進め方に関する国のガイドラインはありません。

このファクトシートの前の文献レビューでは、2006年7月1日から2018年6月30日までの10年間に発行された歯付きブリッジの英語による臨床フォローアップがすべて整理されています。ヨーテボリ大学の図書館のデータベースで利用できなかったジャーナルに発表された6つの研究と同様に、エッチングブリッジと繊維強化プラスチックのブリッジのフォローアップは除外されました。残りの49の記事は読まれました。これらの研究では、多数の変数が研究されましたが、垂直オーバーバイトや、咬合の力の方向に関連するその他の要因が変数として含まれることはありませんでした。

研究は、科学者のサポートを得て適切な患者に対して適切な行動がとられるように、臨床医をサポートするものでなければなりません。その場合、力の方向が科学的に文書化されていないため、補綴治療のそのような重要な危険因子が奇妙に見えるかもしれません。機能中の力の方向は臨床的に測定することが困難であり、研究では測定できるものは測定されます。常に最も重要な要素であるとは限りません。

原因

歯科用物質および歯科用材料は、通常、優れた圧縮強度と劣った引張強度を持っています。縁と縁の関係では、歯は軸方向に大部分が負荷され、その力は圧縮力から主に構成されます。
一方、深い咬傷では、水平方向の力が大きく、歯の物質、歯科用セメント、再建材料の両方、および異なる材料間に引張応力が発生します。長期間の繰り返し荷重の後、引張応力が最大である場所、および/または商品の寸法が不十分な場所で小さな亀裂が発生する可…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。