ログイン

歯支持ブリッジと組み合わせた歯科矯正遠位化

著者:Torbjörner Annika/Övertandläkare/Avd för Oral protetik/Karlstad
公開日: 20110511
更新日: 20180820

バックグラウンド

国立厚生委員会による歯科医療ガイドライン

歯を歯列矯正的に遠位にしてから、歯をブリッジサポートとして使用することは一般的な治療法ではありません。多くの場合、インプラント、歯でサポートされた延長ブリッジ、または部分義歯を使用したソリューションが選択されます。リスクは小さく、予後は良好であるため、特定の症例では、歯列矯正の遠位化が治療法の優れた選択肢となります。図1-4に例を示します。

図1

図2


図3

図4
(写真ötdlMats Larsson)

歯科補助骨折治療の前に歯科矯正の遠位を経験した患者を対象とした臨床研究は、非常に良い結果を示しています。一般的な副作用は、変位した歯の正圧側での辺縁骨端のレベルでの限定的な側根吸収です。矯正が中止されると吸収が停止し、長期的な結果には何の意味もないようです。変位した歯の辺縁骨レベルの変化は、平行移動を行っている間はわずかでした。

歯列矯正の遠位化に代わる方法は、リスクが高く、悪化する可能性があります。可能性のあるインプラント治療は、薄い歯槽突起、神経損傷のリスク、または上顎洞の大きな広がりによって複雑になる可能性があります。延長ブリッジの代替案では、最後の支持歯のブリッジングと骨折の両方の重大なリスクがあり、最後の支持歯が失われた場合、患者の機能上の問題は本当に大きくなり、解決が困難になります。

多くの場合、患者は主に、より短い治療時間を必要とする延長ブリッジまたはインプラント治療に関心を持っています。たとえば、前頭狭窄を同時に矯正できるなど、歯科矯正の遠位化にいくつかの利点がある場合、患者に歯科矯正の遠位化を積極的にさせるのは簡単です。患者は決定を下すのに時間が必要な場合があり、モデルと写真の両方のサポートを使用して治療の提案を示し、説明できる詳細な治療について話し合うために患者を連れ戻す価値がある場…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。