ログイン

歯で支えるMK構造の材料選択

著者:Hjalmarsson Lars/Övertandläkare/Odont Dr/Avd för Oral Protetik/Odontologisk materialvetenskap/Göteborg
公開日: 20150824
更新日: 20191125

バックグラウンド

歯付き補綴のオールセラミック構造では一般的になってきていますが、メタルセラミック(MK)構造は通常、少なくともより大きなブリッジでは、ほとんどの歯科医にとって主な選択肢として表示されます。ただし、MKは統一された概念ではありません。いくつかの異なる素材から選択でき、それぞれに長所と短所があります。

3つの一般的なmk材料の比較特性。

金合金

利点

欠点

1950年代には、歯を保持するクラウンとブリッジのために磁器を金属合金に結合する試みが行われました。これまでより頻繁に使用されていた、主に金、銀、銅、およびアクリルファサードを備えた金合金には、アクリルファサードが古くなったり古くなったりするなどの欠点があり、橋の破損を避けるために非常に強い金属部品を作る必要がありました。

最初に使用された金-白金-パラジウム合金は高価で、強度が低く、十分な剛性がなく、このため3段階以上で回避されました。剛性の欠如は、頻繁な磁器の破損に寄与し、磁器の接着に関する問題もありました。鉄、スズ、および/またはイリジウムを添加すると、より良い酸化物層が得られ、したがって、より良い磁器結合のための条件が作成されました。

金-パラジウム-銀合金は代替として提示されましたが、銀による磁器の変色に問題がありました。これは、1977年に発売された白色の金パラジウム合金で回避できました。

アレルギーに連絡する

金が口の中にある患者の方が、皮膚のいわゆるパッチテストで、金に対する接触アレルギーがあることが研究で示されています。一方、口の症状または口腔粘膜反応の兆候は、歯科用金または金パッチ検査陽性と安全に関連付けることができません。したがって、これらの研究の臨床的関連性は不明です。

パラジウム-銀合金

利点