ログイン

臼歯切歯の低ミネラル化、MIH

著者:Jälevik Birgitta/Odont Dr/Övertandläkare/Avd för pedodonti/Göteborg
公開日: 20161007
更新日: 20200401

バックグラウンド

1970年代の終わり以来、スウェーデンの歯科は最近6歳の歯に不透明な白黄色から黄褐色の斑点が噴出し、しばしばエナメル質の後方崩壊が組み合わさったことを指摘しています。多くの場合、永久的な前歯にも不透明な染みがありました。特にエナメル質の虫歯があったとき、歯は凍り、子供たちにとって痛かった。彼らはまた修理するのが難しく、気絶するのが困難でした。
このタイプのエナメル障害は、1987年のスウェーデンの研究で最初に説明され(Koch et al。1987)、2000年代の初めから世界の大部分から報告されています。
エナメル障害は国や研究によって名前が異なります。この概念的な混乱を解消するために、2001年に、状態を臼歯切歯低ミネラル化(MIH)と名付けることが決定されました(Weerheijm et al。2001)。

図1.明確な不透明度を持つMIH歯。

図2.広範囲の混濁と後退性崩壊を伴うMIH歯。

MIHと診断するには、次の基準を満たす必要があります。

疫学

MIHが一般的です。報告された有病率は2.4%から40.2%まで変動します(Jälevik2010)。 1990年に生まれた500人以上の子供が調べられたスウェーデンの研究は、ほぼ5人に1人の子供がMIHを持っていることを示しました。 3分の1は、崩壊を伴う重度の疾患を患っていた(Jäleviket al。2001)。

原因

損傷はエナメル質の石灰化の間の、おそらく人生の最初の年の間の障害によって引き起こされます。これら…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。