ログイン

上顎外側の形成不全、矯正閉鎖vs.ドア開口部

著者:Josefsson Eva/Övertandläkare/PhD/Avd för Ortodonti/Jönköping
公開日: 20191001
更新日: 20191011

背景

上顎の外側切歯の欠如の最も一般的な原因は、無形成、すなわち、アバットメントの先天性の欠如です。スカンジナビアの人口の有病率は1.5〜2%です。歯根吸収または外傷のために、上顎側面も抜歯する必要がある場合があります。正常な咬傷の発達では、8歳から9歳で外側上顎切歯が再発します。一次上顎側面が持続し、永久切歯が回復しない場合、X線検査で診断を簡単に行うことができます。

診断が確立された後、犬の噴火を確実にすることが重要です。異所性犬歯の存在は、上顎外側が欠落している場合に大きくなります。したがって、合併症のない犬歯の発疹を可能にするために、9〜10歳で一次側方犬歯および一次犬歯を抜去することをお勧めします。未治療の永久咬傷では、しばしば上顎前面に脊柱側osis症が見られ、犬は側position位で回転した位置で噴出します。

治療の適応

美的影響による心理社会的不満。

TREATMENT

2つの治療戦略があります:歯列矯正閉鎖またはスペース保存。スペースを確保したい場合、治療の選択肢は、歯科補助固定式補綴、樹脂固定式エッチブリッジ、インプラント支持型クラウンまたは自家移植です。最も一般的な治療法の選択は、歯列矯正閉鎖またはインプラント支持クラウンです。多くの患者では、いくつかの治療オプションが可能です。

治療を決定する際に考慮すべき多くの要因があります。

最初の選択肢は、両方のオプションが可能な場合、歯科矯正閉鎖を行うことです。これの利点は、異物を顎に挿入する必要がなく、患者をより低い年齢で仕上げることができ、歯と周囲の組織の順応が自然に起こることです。

不足している上顎の側面を交換する必要がある場合、必要条件がある場合は、インプラントでサポートされているクラウンが最初のオプションであることがよ…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。