ログイン

UK-5sの無形成

著者:Bjerklin Krister/Övertandläkare/Docent/Avd för Ortodonti/Jönköping
公開日: 20150401
更新日: 20191113

バックグラウンド

下顎の他の小臼歯の片方または両方の素因の欠如(成長/形成不全)は、スカンジナビアの子供の約3%で発生します。これは、平均して、この偏差がある各学校のクラスに1人の生徒がいる必要があることを意味します。
咬傷の発達が正常なスカンジナビアの子供たちの場合、診断は9〜10歳で確立できます。場合によっては、子供が11歳から12歳になるまで素因が見えないことがありますが、これは非常にまれです。

無形成/再生不全の子供のかなりの割合で、顕著な他の第一大臼歯の根吸収および/または下咬合は、9-11歳の年齢ですでに見られます。これらの第一大臼歯は削除する必要があり、ほとんどの子供で良好な近心移動とギャップの縮小が期待できます。

ただし、さまざまな理由により、他の第一大臼歯が12〜13歳のままになる場合があります。次に、何をするかを決めるのがより困難になる可能性があります。

いくつかの研究で、uk-5sの無発生がある子供がより頻繁に持っていることが示されています:

したがって、6〜7歳で上顎の最初の永久臼歯の異所性発疹と診断された子供は、後で下顎の他の小臼歯の無発生を発症するリスク患者と見なすことができます。

処理

9-10歳以降の両方で異なる治療オプションがあります。ただし、最初に、患者の成熟度、および患者とその親の治療への関心を総合的に評価する必要があります。
ビートの種類と成長パターンの評価も、適切なハッチの閉鎖の可能性を理解するために行う必要があります。

治療オプションは次のとおりです。