ログイン

天疱瘡

著者:Enochsson Håkan/Övertandläkare/Avd för Sjukhustandvård/Oral medicin/Jönköping
公開日: 20160303
更新日: 20191110

バックグラウンド

類天疱瘡は、皮膚や粘膜に水疱/潰瘍の形で症状を引き起こす慢性の自己免疫疾患の不均一なグループです。類天疱瘡は大きな苦痛のリスクがあり、多くの場合、いくつかの副作用を伴う長期の治療が行われます。影響を受けるのは主に高齢者であり、発生率は近年増加しています。

タイプ

図1.血液で満たされた水疱領域41-31を伴う粘膜類天疱瘡。

図2.眼の粘膜が冒されている粘膜類天疱瘡。

図3.手と指の水疱性類天疱瘡。  

注意!このドキュメントでは、 粘膜類天疱瘡(MMP)の状態のみを治療し続けます。

疫学

病因と病因

類天疱瘡は慢性の自己免疫性膀胱疾患です。病気を引き起こすものは不明ですが、多くの要因が文献で言及されています。薬。遺産と環境もおそらく一定の影響を及ぼします。

粘膜類天疱瘡の病因はまだ不明です。しかし、IgG、IgA、IgM、およびC3自己抗体が、上皮細胞を基底膜に固定するヘミデスモソームのさまざまな構造(BP180、BP230を含む)を発達させて攻撃することが知られています。白血球が活性化…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。