ログイン

緩和的口腔ケア(終末期)

著者:Ståhlnacke Katri/Odont Dr/Folktandvårdens Folkhälsoenhet/Örebro
公開日: 20131229
更新日: 20200518

バックグラウンド

緩和ケアという用語は、マントルを意味するラテン語のパリウムに由来します。マントルは、死にゆく人のケアの象徴です。緩和ケアは非常に長期間にわたって行うことができ、延命治療と並行して行うことができます。しかし、結局のところ、延命治療の効果がなくなったときにターニングポイントが発生しますが、ケアは緩和のみに焦点を当てています。その後、緩和ケアは後期に移行します。ここでは人生の最終段階でのケアと呼ばれます。終末期ケアの目標は、苦痛を軽減し、生活の質を促進することです。

全国保健福祉委員会の全国ガイドラインでは、進行性の不治の疾患または傷害を負った患者の苦痛を軽減し、生活の質を向上させるための緩和ケアを医療と定義しています。緩和ケアには、肉体的、精神的、社会的、実存的なニーズへの注意や親族へのサポートも含まれます。

緩和医療は、健康と医療に関する法律(HSL)に従って、最優先の人生の最終段階にいるすべての人に与えられなければなりません。

人生の最終段階での緩和ケアは4つの基盤に基づいています

症状の緩和、自己決定および参加は、生活の質および生活の最終段階における良好なケアのための重要な要素です。ケアは子供も大人もすべての人をカバーする必要があり、個々のニーズに基づいて行われます。

緩和ケアの詳細については、 緩和ケア-一般(インターネット医学)を参照してください。

口腔衛生関連の問題

食べ物や飲み物の摂取量が徐々に減少し、最終的には完全に自然死に属することをやめること。結局、その人は空腹も喉の渇きも経験しません。食べ物と飲み物の両方の摂取は、代わりに不快感と吐き気に関連している可能性があります。
喉の渇きの受容体は口腔内にあるので、口に潤いを与えることにより、後期の喉の渇きの経験…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。