ログイン

全身性疾患または薬物治療の結果としての歯科治療における出血合併症

著者:Ekenstråle Emma/Specialist i orofacial medicin/Övertandläkare/Avd för Orofacial medicin/Kungälv/Göteborg
公開日: 20200120
更新日: 20200120

バックグラウンド

ますます多くのスウェーデンの人口は、抗凝固薬を使用しています。また、血液の形成や凝固に影響を与える疾患のある患者さんもいます。侵襲的手技が発生した場合の歯科治療における私たちがこれらの患者グループをどのように最もよく治療するかを知っていることが最も重要です。

ヘルスケアシステムがこれらの患者の口腔外科手術に適用されるガイドラインを知っていることも重要です。デンタルケアのガイドラインは、他のケアにおける外科的処置の推奨と多少異なる場合があります。

以前は、抗凝血薬は中止されました。これは、血液を希釈する薬剤を中止すると患者が血栓塞栓性合併症に苦しむリスクがあるため、回避されています。これは、歯科処置中の重度の出血のリスクが小さいと考えられている事実と相まって、口腔は容易にアクセス可能であり、出血が起こっているかどうかを確認することは容易です。

血液に影響を与える新薬グループ「NOAK」(新しい経口抗凝固薬/非ビタミン経口抗凝固薬)が2010年頃からスウェーデンで使用されています。歯科治療とNOAKに関する研究は、わずかながら利用可能です。

以下の推奨事項は、記事、フィールドでの研究、およびガイドラインに基づいています(RegionSkåneは個々の点で異なります)。

出血の合併症を引き起こす可能性のある医薬品/患者グループ/疾患:

薬;一次止血の影響:

薬;二次止血の影響:

病気、一次止血への影響:

病気、二次止血への影響:

一次止血

一次止血とは、一次止血をもたらす血小板プラグを形成するプロセスを意味する。このプロセスでは、血管を収縮させ、その領域の血小板を活性化します。健康な個人では、これは通常数分で起こり…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。