ログイン

口腔内での生検

著者:Öhman Jenny/Leg tandläkare/PhD/Avd för Sjukhustandvård/Oral medicin/Göteborg
公開日: 20171112
更新日: 20190904

いつ組織サンプルを採取するのですか?


組織サンプルはどこにありますか?

変更のために代表的な部屋で生検を受けるべきです。

サイズと範囲が原因で変化を切除できない場合は、各反応パターンの代表的な領域の切開生検を行う必要があります。


切除するには大きすぎて広範に区切られた変化


代表的な領域で行われる切開生検

切開生検では、直径が3〜8 mmのパンチ(円筒形ナイフ)を使用すると有利です。
次に、正しい診断を行うために、代表的な領域を取り、変更のすべての反応パターンから判断することが重要です。次に、直径ができるだけ大きく、少なくとも4 mmのパンチを選択する必要があります。
切除生検では、切除限界がどこに行くかを制御できるように、ナイフ生検が推奨されます。


組織サンプルの採取方法…
すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。