ログイン

知恵の状態、保持

著者:Suska Felicia/Leg tandläkare/PhD/Avd för Käkkirurgi/Göteborg
公開日: 20160217
更新日: 20170613

バックグラウンド

3番目の大臼歯、または親知らずは、通常20歳前後に噴出します。発症は完全または部分的ですが、親知らずも顎骨に残る場合があります。
完全に発達した歯根にもかかわらず、歯の完全な噴火が失敗した場合、歯は保持されたと呼ばれます。

有病率

スウェーデンの人口における親知らずの存在は完全には明らかではありません。
1988年のHugosonとKugelbergによる古い研究では、15〜80歳の693人の1/3に4本の親知らずがあり、1/3にはすべて欠けていました。保持率は女性で高かった(男性の30%と比較して44%)。

表示

保持された親知らずはしばしば無症候性です。しかしながら、病理学的変化は、保持された親知らずに発生する可能性がある。

最も一般的なものは次のとおりです。

これらのケースでは、外科的摘出が適切な場合があります。

コロニ炎

コロニ炎は、発疹中の歯の周りの軟組織の炎症状態です。ほとんどの場合、この状態には感染性の原因があります。

プロセスが限られている場合は、0.1%のクロルヘキシジンによる抗菌性リンスまたは腫れた歯茎の下の生理食塩水によるリンスで状態を治療できます。
局所膿瘍形成の場合、これは排出されるべきである。

保持された下顎の親知らずの外傷性の咬傷は、対応する上顎の親知らずが細長い場合に発生する可能性があります。これらの場合、上顎の知恵も抽出する必要があります。

発熱、倦怠感、食欲不振、隣接組織への転移などの一般的な症状が発生した場合は、抗生物質を投与する必要があります。鎮痛剤を処方することも重要です。
全身抗生物質治療の最初の薬剤はフェノキシメチルペニシリン(V-pc)です。
ペニシリンに対する…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。