ログイン

自己再建による関節頭部の切除(強直症手術)

著者:Holmlund Anders/Övertandläkare/Professor/Avd för Käkkirurgi/Huddinge
公開日: 20110511
更新日: 20180620

バックグラウンド

国立厚生委員会による歯科医療ガイドライン

この方法は、顎関節の進行した骨性または線維性の癒着(強直)の外科的治療に使用されます。状態の一般的な理由は次のとおりです。

治療研究は、この方法がこの非常に重篤な状態を治療する上で現在最も効果があり、コストが最も低い方法であることを示しています。

利点

同種異系再建(関節補綴)と比較すると、利点が見られるはずです。ここで、上記の方法には明確な利点があります。

欠点

処理

治療は、破壊された関節頭を取り除き、新しい関節空間を作り出すことを目的としています。

次に、この関節空間に、側頭筋からの厚さ約7 mmの筋肉アンフォラが挿入されます。これは、バリアとして機能し、再成長の再発を防ぐことを目的としています(図AD)。

A.露出した強直関節

削除された強直性骨

C.筋肉のハムストリングが並んでいる

D.ラムのすねが関節に回転します

手術時間は片関節約2時間、両関節3.5時間です。

入院期間は2〜3日です。

合併症

こちらもご覧ください

ファクトシート同種再建による関節頭の切除(強直手術)(関節補綴)

参照

成人歯科治療2011年の国家ガイドライン-ガバナンスと管理のサポート。福祉。 EditaVästraAros、ヴェステロース、2011年。

Roychoudhury、A、Parkash、H、Trikha、A.による機能回復
顎関節強直症における…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。