ログイン

同種再建を伴う関節頭の切除(強直症)(人工関節)

著者:Holmlund Anders/Övertandläkare/Professor/Avd för Käkkirurgi/Huddinge
公開日: 20110511
更新日: 20180620

バックグラウンド

国立厚生委員会による歯科医療ガイドライン

整形外科では、関節のプロテーゼ(チタンとプラスチック材料またはセラミックの組み合わせ)が、特に股関節と膝の重度の変形性関節症の外科的治療に使用されます。この概念は、顎関節についてもテストされています。この方法は、下顎の癌手術後の再建にも使用されています。
利用できるいくつかの治療研究は通常、患者の大きなドロップアウトと不十分なデザインで不十分です。治療効果は低〜中程度と判断されています。
自家再建と北欧比較研究はまだ欠けています。

利点

欠点

処理

動作時間は長く、1ページあたり3時間以上です。

ケア期間も長く、少なくとも3〜4日です。外来のフォローアップ期間も延長できます。

図A-原理的なスケッチ、顎関節の同種自家形成術(顎関節プロテーゼ)

合併症

合併症、広範な感染症、術後の痛みの状態、顔面神経への恒久的な損傷のリスクは、自家再建よりも高くなります。

こちらもご覧ください

ファクトシート自家再建による関節頭の切除(強直手術)

参照

成人歯科治療2011年の国家ガイドライン-ガバナンスと管理のサポート。福祉。 EditaVästraAros、ヴェステロース、2…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。