ログイン

顎骨折

著者:Farzad Payam/Övertandläkare/Med Dr/Patientområde kraniofaciala sjukdomar/Solna
公開日: 20200607
更新日: 20200607

フェイスフラクションシリーズ

このファクトシートは、顔面骨折に関するシリーズの4つのうちの1つです。他の骨折の種類については、こちらをご覧ください。

マンディベルフラクチャー

中間の顔面骨折-Le Fort骨折

上部および中部ビジョンの骨折

バックグラウンド

骨折治療の基本的な考え方と目標は、骨折の領域で正しい解剖学的位置を再現することです。しかし、顎関節の骨折の治療は、顔面外傷の論争の的になっているトピックです。論争は主に、骨折の種類を閉じた状態(保守的または機能的)で開くか、開いた状態(外科的)で扱うかを中心に展開します。

骨折の種類は複雑で、治療を選択する際には咬合の機能と顎関節の機能を考慮に入れなければなりません。関節頭(下顎頭)の骨折は、ほとんどの場合、保守的/機能的に治療されますが、この種の骨折の外科的治療でも、有望な結果が示されています。この分野の科学文献は豊富ですが、分かれています。

治療法の選択は、適切なX線、とりわけ臨床検査が指標となる患者の個々の状況に基づく必要があります。

骨折の種類に関係なく、子供(12歳未満)は常に保守的に治療されます。

疫学

顎骨折は、顔面外傷学における骨折の最も一般的なタイプの1つです。下顎骨では、顎関節の骨折が骨折の35〜40%強を占めています。交通事故、暴行、転倒事故、スポーツ関連の事故は、顎関節骨折の最も一般的な原因です。

診断/分類

顎関節骨折の場合、薄層のDTと3D再形成が常に必要であり、これは可能な限り最良のツールとして重要です骨折システムについて意見を述べる

AO(ArbeitsgemeinschaftfürOsteosyntesen Fragen)分類は単純明快で、骨折レベルの観点から使用できます。その他の分類が発生します。