ログイン

関節鏡検査(癒合と浄化の解消)

著者:Holmlund Anders/Övertandläkare/Professor/Avd för Käkkirurgi/Huddinge
公開日: 20110509
更新日: 20180620

バックグラウンド

関節鏡検査という用語は「関節を調べる」ことを意味し、示されているように、視覚を使用して関節を検査するために光学素子が使用されます。同時に、治療も行うことができます。したがって、関節鏡検査では、診断と外科的治療を同時に行うことができます。

顎関節鏡検査は局所麻酔下で有利に行われます。局所麻酔剤には、鎮静剤を補うことが有利である。非常に不安でおびえた患者だけが麻酔を要求できます。

歴史

この方法は、ファイバーライトテクノロジーを利用できるようになった60年代と70年代に整形外科で開発されました。やや後に、顎関節の最初の関節鏡検査が行われ、80年代に顎関節の方法がスウェーデンの論文で評価されました。この方法は現在世界中で使用されており、私たちの最も一般的な顎関節疾患の治療のための貴重なツールとなっています。

適応症

利点

欠点

処理