ログイン

機械計装

著者:Skyttner Brita/Övertandläkare/Avd för Endodonti/Stockholm
公開日: 20121217
更新日: 20130325

バックグラウンド

根管の計装は、根管治療における最も重要なステップの1つと考えられています。目的は、感染した根管系を予防または治療すること、つまり細菌の自由を達成することです。器具により、根管系の化学的消毒が可能になります。これは、液体や抗菌性インサートを洗浄するための物理的なスペースを作成するためです。計装はまた、セラピストが根管充填に関連して根管系を後でしっかりと密閉できるようにする必要もあります。

器具は、ファイル、すなわち根管内の象牙質表面を準備するように適合された器具の助けを借りて行われます。 90年代半ばに、ニッケルチタン製の器具が導入され、これらは根管の準備の品質に大きな影響を与えました。ニッケルチタンファイルは、湾曲した根管をより簡単にたどることができ、鋼のファイルよりも長い切れ味を維持します。

機械式回転ニッケルチタンファイルは、まっすぐにせずにチャネルの曲率で回転する機能を備えているため、ルートチャネルの元の形状がより適切に保持されます。さらに、根管の準備に必要な時間は通常、ハンドファイルと比較してマシンファイルの方が短いです。研究では、歯科医がステンレス鋼の手やすりでのクリーニングから機械式ニッケルチタンファイルへの切り替えを行うと、良質の根の詰め物の割合が大幅に増加することも示されています。マシンファイルの考えられる欠点は、不正な取り扱いにより機器が破損するリスクが高まることです。

ファイルシステム

機械器具にはさまざまなバリエーションがあります。以前は、ステンレス鋼で作られた機械的やすりがありましたが、今日では、ニッケルチタンで作られた機械的やすりのみが使用されています。ニッケルチタンは、荷重/曲げ後に元の形状に戻る形状記憶金属です。

傾向は、ファイルシステムあたりのファイルが少なくなり、目的の準備を達成する傾向があります。つまり、コストと時間の両方の…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。