ログイン

顎と首のシステムの痛みと機能不全

著者:Häggman Henrikson Birgitta/Övertandläkare/Professor/Avd för Orofacial smärta och käkfunktion/Malmö
公開日: 20200418
更新日: 20200419

バックグラウンド

顎と首の領域の間に解剖学的、神経解剖学的、機能的なつながりがあり、これらが一体となって強い感覚運動統合を提供します。これは、顎機能の間に反映され、顎と首の筋肉の間で活性化が見られ、その結果、顎関節と頸部関節が同時に動きます。

あえぎやそしゃくなどのあごの動きでは、あごや首の筋肉の関与は、とりわけ、あそびの動きの大きさ、および食品のサイズと一貫性によって異なります。大きなギャップの動きの場合、主な伸展は開動作中に見られ、その後閉動作中に主な屈曲が続きます。頭の位置をさらに伸ばすと、あごの筋肉のギャップのある動きと発電が促進されます。顎と首の筋肉間の解剖学的接続は、筋肉と筋肉グループが連携して協調して機能することを意味します。顎の動きでは、首の筋肉は、頭を安定させるための静的な活性化と、ギャップを閉じる動きに参加するための動的な活性化の両方を通じて寄与します。大きなギャップのある動きと、サイズが大きく堅い食物を使用すると、顎の筋肉の活動だけでなく、次のような首の筋肉にも活動が見られます胸鎖乳突筋および僧帽筋。

顎と首の動きの間の機能的なつながりは、私たちの生来の運動行動の1つであると考えられており、あくびの動きが頭の伸展と連携している胎児の超音波検査ですでに見られます。統合された顎頸部機能も6歳の子供で確認されていますが、その年齢の運動能力はまだいくつかの点で未成熟で開発中です。

顎と首の領域の併存症

顎と首の間の機能的な接続に加えて、顎と首の領域の間にも併存症が見られます。顔面痛のある人は首の領域の痛みも多く、首の痛みのある人は顔の領域の痛みが多くなります。首に痛みがあると、時間の経過とともに顔の領域に痛みが生じるリスクが高まります。逆も同様です。さらに、首と背中の痛みの程度と顔面の痛みの間に用量反応関係があります。顎と首の領域の間の顕著な痛みの広がりの…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。