ログイン

パルス電磁場(PEMF)-痛みの緩和のための刺激

著者:Lindfors Erik/Övertandläkare/Med Dr/Specialisttandvården Kaniken/Uppsala
公開日: 20120709
更新日: 20191030

バックグラウンド

人間は長い間、さまざまな刺激方法を使用して、幸福と痛みの緩和の両方を実現してきました。最も古い刺激方法の1つであるマッサージは、紀元前4000年頃のメソポタミアのシュメール王国ですでに説明されています。
それ以来、さまざまな刺激方法が開発されてきました。現代では、技術開発により、さまざまな形態の刺激を強化することを目的とした高度な機器の開発が可能になりました。

これは、痛みを伴う顎の機能障害の治療で提案されている刺激方法に関する5つのファクトシートの1つです。

以下も参照してください。

パルス電磁場(PEMF)

磁性の現象は、古代から発見されました。伝説によると、マグネスという名前のギリシャの羊飼いは、彼の羊の放牧中に立っていた山に靴の釘が引っ張られていたことを発見しました。岩には天然の磁性鉱物であるマグネタイト(Fe3O4)が豊富に含まれていました。
その発見以来、神秘的な磁性は医学において、しばしば従来の治療の補足として使用されてきました。磁気療法はしばしば懐疑論で見られてきました。

現代では、脈動電磁界(PEMF)がいくつかの異なる状態や病気の治療法として提案されています。磁石の強度は、ガウスまたはテスラで測定されます(1ガウス= 100 microTs)。磁石が強いほど、磁場が組織に深く浸透します。このタイプの治療では、脈動電磁界の周波数(Hz)も設定されます。
PEMFの正の効果の可能性は、治癒困難な骨折、静脈性下肢潰瘍、および動脈出血の障害の場合に示されています。
可能な治療効果の背後にある生物学的メカニズムは不明です。 PEMFは、痛みの治療にも提案されています。

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。