ログイン

閉塞-痛みと機能障害

著者:Carlsson Gunnar E./Professor emeritus/Institutionen för Odontologi/Göteborg
公開日: 20110511
更新日: 20191030

バックグラウンド

咬合、すなわち咬合時および顎運動時の上顎歯と下顎歯の接触状態をどのように設計するかは、長い間議論の余地のある問題でした。これは、自然な咬合とさまざまなタイプの補綴再建の両方に当てはまります。
新しい神経科学的研究は、咬合設計のバリエーションやさまざまな種類の補綴治療への患者の適応に関する理解を深めるのに役立ちます。

多くの教科書で説明されている、いわゆる理想的なオクルージョンは、生活の中で非常にまれに見られる理論的な構成です。ほとんどの人の咬合は、理想的な咬合からの逸脱が多少異なりますが、それでも一般的にはうまく機能します。次に、治療手段を必要としない生理学的閉塞について説明します。

しかしながら、閉塞が病因および治療において役割を果たすことができる、または考えられている、痛みおよび機能障害を伴う多くの状態がある。
まれですが重要な状態は咬合 不全です。これは英語では咬合性感覚異常および初期の幻咬症と呼ばれています。それは、咬合が合わないという患者の感覚によって特徴付けられますが、臨床検査中の歯科医は閉塞の異常を検出しません。

以下では、最も一般的なそのような状態における閉塞の役割について、現在の証拠に基づく文献に基づいて説明します。

Käkfunktionsstörningar/käkledsbesvär

顎の機能不全は、伝統的に、痛み、顎関節のノイズ、および顎機能の障害を伴う症状の3つ組として説明されてきましたが、現在、口腔顔面領域の広範な痛みと臨床の関節および筋肉の問題を網羅するように拡張されています。
英語では、最も一般的な用語はTMD(側頭下顎骨障害)です。この用語は、一部の地域ではスウェーデンの歯科でも足場を築いています。

最も一般的に使用される分類(RDC / TMD)では、顎の機能障害は3つのグループの状態に分けられます。